野菜不足は野菜ジュースを飲んで解消
野菜不足は野菜ジュースを飲んで解消

健康のために野菜は欠かせませんが、毎日食べ続けるのは面倒だと思って、野菜を食べないという人もいるのではないでしょうか。野菜は栄養価が高く、健康のためにいいのですが、野菜不足になる人は多いです。野菜を日常的に摂取できる方法として、野菜ジュースを飲む方法がおすすめで、気軽に続けられやすい方法です。

野菜ジュースは1日にどれくらい飲む?

野菜ジュースを飲むことは、毎日続けられ気軽にできるのでいいのですが、1日にどれくらい飲めば長く続けられるのでしょうか。野菜ジュースを飲む量は、1日に1パック飲むのがおすすめです。コンビニなどで販売されているパックのものを飲むのがよく、1日にそれくらいの量を飲み続ければ、野菜不足が解消されます。

どうしてこの量が最適だといわれているから、野菜ジュースの味が甘いこともあり、飲みすぎるとよくないからです。糖分が多い商品が多いため、1日に多く飲むとかえって健康に良くなく、普通のジュースを飲む感覚になります。

野菜ジュースにはどんな効果がある?

野菜ジュースを飲むことは、ある程度は野菜不足の解消につながります。あまり効果がないという声もありますが、野菜ジュースには様々な種類があるので、効果があるかないかは一概には言えません。数種類の野菜が多く含まれているものが多く、野菜100%のジュースであれば、飲んだ方が効果が期待できると考えられます。野菜不足の改善には、野菜ジュースを飲むことも大事な方法です。

自分で野菜ジュースをつくる方法

野菜ジュースは自分で作って飲むこともできます。自宅にミキサーがあれば、自分で野菜を購入して、楽しく作って飲み続けられます。まず材料の下ごしらえから行う必要があり、果物は皮をむいておき、野菜はニンジンなど皮ごと使う場合はよく洗っておく必要があります。ミキサーに入れるときは一口大に切って入れます。よく混ざるように、水や豆乳を入れることが大事です。

新鮮な野菜を入れることが重要で、栄養が豊富でおいしく飲めるようになります。緑黄色野菜を入れるときは、全体の4分の1くらいに入れることが大事で、量が多いと食物繊維が多いため、異に負担がかかってしまうからです。大豆を入れることをおすすめするのは、大豆に含まれるイソフラボンが体によく、美容にも効果があるので、野菜と一緒に摂取するとより健康な体になります。